過去のバージョン

過去のバージョン

パッケージ

ドリトルV3.00α1 (2016年8月31日 試用版)

約10年ぶりのメジャーバージョンアップを行います。新オンライン版であるビットアロー(Bit Arrow)との互換性を重視し、テキストエリアオブジェクトの導入、タイマーオブジェクトの同期機能の見直しなどを行いました。今後、試用版(V3.00α1、α2、βなど)を経て、正式版(V3.00)の公開に向けて開発を進める予定です。

Windows7(32bit/64bit)、Windows8.1(64bit)、Windows10(64bit), Mac(10.10 Yosemite)、Linux(Ubuntu、ラズベリーパイ)で動作を確認しています。

  • 画面を編集画面と実行画面に分離しました。Ctrl-Tで切り替えられます。(MacはCommand-T)
  • GUIオブジェクトにテキストエリアを追加しました。
  • タイマーオブジェクトの命令や振る舞いを変更しました。
    • タイマーオブジェクトの「待つ」命令を廃止しました。
      • V3.00ではエラーにならずに動作しますが、今後はBit Arrow版に合わせて「次に実行」、「最後に実行」を使用してください。
  • 組み込み画像を、全て「.png」の拡張子で利用できるように統一しました。
  • 上記の変更等に合わせ、同梱のサンプルプログラムの一部を修正しました。
  • マニュアルをPDFからWebページに変更しました。最新版のマニュアルはマニュアル(V3.0)のページをご確認ください。
Windows用(約109MB)
dolittle300a1win.zip
・dolittle.batで起動します。
・Java6が同梱されています。ハードディスクやUSBメモリなどに展開するだけでドリトルを使用できます。
・旧バージョンと同じ編集画面と実行画面をタブで切り替える画面構成を利用したい場合は、dolittle_tab.batで起動してください。
Macintosh用(約108MB)
Dolittle300a1.dmg
・Java8が同梱されています。dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーするだけでドリトルを使用できます。
 「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
・初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「書類」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。必要に応じて、startup.iniなどのini初期化ファイルや、プログラム中で利用する画像ファイルなどを置いてください。(V2.38からフォルダが「ライブラリ」から「書類」の下に変更されました。)
・MYUなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次の準備が必要です。
 sudo mkdir /var/lock
 sudo chmod 777 /var/lock
Linux用(約8MB)
dolittle300a1_linux.zip
・Linuxはdolittle.shで起動します。
・JavaがインストールされているWindowsではdolittle.bat、dolittle_tab.batで起動できます、
ラズベリーパイ用(約7MB)
dolittle238rp.deb
・Raspberry Pi2 Model Bで動作を確認しています。
※最新版は現在、動作検証中です。検証が終了次第、公開いたします。

・パッケージとしてインストールすると、メニューに追加されます。
 sudo dpkg -i dolittle238rp.deb

ドリトルV2.39 (2016年8月9日 正式版)

Windows7(32bit/64bit)、Windows8.1(64bit)、Windows10(64bit), Mac(10.10 Yosemite)、Linux(Ubuntu、ラズベリーパイ)で動作を確認しています。

  • Studuino用のコンパイラをパッケージに同梱しました。(Windows用 & Macintosh用 )
    (Studuino利用時に,ArduinoIDEのインストールが不要になりました。)
  • 利用可能なStuduino用センサの種類を追加しました。
  • Studuino用サンプルプログラムを追加しました。
  • マニュアルとして書籍の改訂版を同梱しています(book.pdf)。
  • マニュアルのWebページを公開しました。最新版のマニュアルはマニュアル(V3.0)のページをご確認ください。
  • Windows用について、音楽オブジェクトが使えなかった問題を改善しました。
    (Macintosh用では、音楽オブジェクトが利用できません。ご注意ください。)
Windows用(約109MB)
dolittle239win.zip
・dolittle.batで起動します。
・Java6が同梱されています。ハードディスクやUSBメモリなどに展開するだけでドリトルを使用できます。
Macintosh用(約108MB)
Dolittle239.dmg
・Java8が同梱されています。dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーするだけでドリトルを使用できます。
 「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
・初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「書類」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。必要に応じて、startup.iniなどのini初期化ファイルや、プログラム中で利用する画像ファイルなどを置いてください。(V2.38からフォルダが「ライブラリ」から「書類」の下に変更されました。)
・MYUなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次の準備が必要です。
 sudo mkdir /var/lock
 sudo chmod 777 /var/lock
Linux用(約8MB)
dolittle239.zip
・Linuxはdolittle.shで起動します。
・JavaがインストールされているWindowsではdolittle.batで起動できます、
ラズベリーパイ用(約7MB)
dolittle238rp.deb
・Raspberry Pi2 Model Bで動作を確認しています。
※最新版は現在、動作検証中です。検証が終了次第、公開いたします。

・パッケージとしてインストールすると、メニューに追加されます。
 sudo dpkg -i dolittle238rp.deb

ドリトルV2.38 (2015年5月14日)

Windows7(32bit/64bit)、Windows8.1(64bit)、Mac(10.10 Yosemite)、Linux(Ubuntu、ラズベリーパイ)で動作を確認しています。

  • WindowsとMacのJava同梱版を公開しました。
  • 組図形オブジェクトを追加しました。複数の図形を組み合わせて動かすことができます。
  • Studuinoのサーボモーターに対応しました。
  • マニュアルとして書籍の改訂版を同梱しています。(book.pdf)
    Windows用(約61MB)
    filedolittle238win.zip
    ・展開したフォルダをお好きな場所に移してお使いください。
     dolittle.exeまたはdolittle.batで起動します。
    ・最新のJavaが同梱されています。WindowsへのJavaのインストールは不要です。
     ハードディスクやUSBメモリなどに展開するだけでドリトルを実行できます。
    ※現在、音楽演奏で楽器の音が出にくい現象が報告されています。
     音楽演奏をお使いになる場合は音楽対応版をお使いください。
    Windows用音楽対応版
    (約44MB)
    filedolittle238win_music.zip
    ・音楽演奏に対応したバージョンです。
    ・Java6が同梱されています。
     音楽演奏が不要な場合は標準のWindows用をお使いください。
    Linux、Windows用(約8MB)
    filedolittle238.zip
    ・展開したフォルダをお好きな場所に移してお使いください。
     Windowsはdolittle.exeまたはdolittle.bat、Linuxはdolittle.shで起動します。
    ラズベリーパイ用(約7MB)
    filedolittle238rp.deb
    ・Raspberry Pi2 Model Bで動作を確認しています。
    ・パッケージとしてインストールすると、メニューに追加されます。
     sudo dpkg -i dolittle238rp.deb
    Macintosh用Java同梱版
    (約108MB)
    fileDolittle238java.dmg
    Macintosh用(約53MB)
    fileDolittle238.dmg
    ・dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーしてお使いください。
     その後、「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
    ・初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「書類」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。必要に応じて、startup.iniなどのini初期化ファイルや、プログラム中で利用する画像ファイルなどを置いてください。(V2.38からフォルダが「ライブラリ」から「書類」の下に変更されました。)
    ・MYUなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次の準備が必要です。
     sudo mkdir /var/lock
     sudo chmod 777 /var/lock
  • ドリトルの実行にはJavaが必要です。Java同梱版はJavaのインストールは不要です。
    • Java同梱版以外では、必要に応じてJavaをダウンロードしてください。

ドリトルV2.37 (2015年4月8日)

  • Windows7(32bit/64bit)、Windows8.1(64bit)、Mac(10.10 Yosemite)、Linux(Ubuntu)で動作を確認しています。
  • Studuinoに対応しました。
  • マニュアルとして書籍の改訂版を同梱しています。(book.pdf)
    Windows,Linux用(約8MB)
    filedolittle237.zip
    ・展開したフォルダをお好きな場所に移してお使いください。
     Windowsはdolittle.bat、Linuxはdolittle.shで起動します。
    Macintosh用(約53MB)
    fileDolittle237.dmg
    ・dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーしてお使いください。その後、「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
    ・初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「ライブラリ」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。必要に応じて、startup.iniなどのini初期化ファイルや、プログラム中で利用する画像ファイルなどを置いてください。
    ・MYUなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次の準備が必要です。
     sudo mkdir /var/lock
     sudo chmod 777 /var/lock
  • ドリトルの実行にはJavaが必要です。必要に応じてダウンロードしてください。

ドリトルV2.30 (2011年9月16日)

  • 新しい書籍(「ドリトルで学ぶプログラミング[第2版]」兼宗進、久野靖、イーテキスト研究所)に対応しています。
    • 【注意】MYUを制御するプログラムは、文法が全面的に変更になりました。詳しくはマニュアルを参照してください。
  • Windows(XP/Vista/7, 32bit/64bit), Macintosh(Leopard,SnowLeopard), Linux(Ubuntu9.10)で動作を確認しています。
    • Windows8でドリトルが起動できない場合は、dolittle.batでなくdolittle.jarをクリックしての起動を試してみてください。(dolittle.jarから起動した場合はMYUやArduinoなどの外部機器は利用できません)
      Windows,Linux用(約6MB)
      &ref(): File not found: "dolittle230.zip" at page "過去のバージョン";;
      ・展開したフォルダをお好きな場所に移してお使いください。Windowsはdolittle.bat、Linuxはdolittle.shで起動します。
      Macintosh用(約6MB)
      &ref(): File not found: "Dolittle230.dmg" at page "過去のバージョン";;
      ・dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーしてお使いください。その後、「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
      ・初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「ライブラリ」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。必要に応じて、startup.iniなどのini初期化ファイルや、プログラム中で利用する画像ファイルなどを置いてください。
      ・MYUなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次の準備が必要です。
       sudo mkdir /var/lock
       sudo chmod 777 /var/lock

開発版filedolittle.jar

  • 開発中のバージョンを随時公開します。不具合が修正されたり便利な機能を追加して行きますが、修正による不具合が入ることがあり得ます。自己責任で動作を確認してからお使いください。

派生版

マニュアル

  • パッケージに同梱されています。
    • リリースノート(この文書): &ref(): File not found: "readme230.pdf" at page "過去のバージョン";;
    • 「ドリトルで学ぶプログラミング」(約3.4MB) PDF:&ref(): File not found: "book.pdf" at page "過去のバージョン";;
      • 解説書をV2.30対応に拡張したPDFファイルです。出版社(イーテキスト研究所)のご好意で公開できることになりました。
        できるだけ本をお求めの上(^_^)、個人の学習用途にお使いください。学校等の授業では、利用するページを印刷して生徒に配布することができます。
  • 書籍の内容に準拠しています。
  • 画像一覧
    • マニュアルの補足です。標準で利用できる画像の一覧です。拡張子に".png"を追加してご利用ください。

      #ref(): File not found: "v2pict.png" at page "過去のバージョン"

V2.30
V2.20
V2.00

配付条件

ドリトルはフリーソフトです。個人または学校などで自由にインストール
してお使いください。使用の許可は不要です。

(※)雑誌やWeb等で再配布される場合は、作者(兼宗)まで事前に連絡してください。

開発メンバー

  • 開発: 兼宗 進 (大阪電気通信大学) kanemune@acm.org
  • 監修: 久野 靖 (筑波大学)

Theme designed by Dining tables
Coder Mothers Day | EZwpthemes |modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional