用意しておいた命令を使えるようにする

用意しておいた命令を使えるようにする

拡張子が「ini」のファイルをシステムの「使う」命令で読み込んで使えます。たとえば授業用の命令などを「授業.ini」というファイル名で生徒のフォルダに用意しておくことで、生徒たちは先頭に「システム!"授業" 使う。」を書くことで先生が用意した命令を使えるようになります。

(授業.ini)

幅=画面!幅?。
高さ=画面!高さ?。
花を置く=「タートル!作る ペンなし "tulip.png" 変身する(乱数(幅)*0.9-幅/2)(乱数(高さ)*0.9-高さ/2)位置」。

(生徒が書くプログラム)

システム!"授業" 使う。
!花を置く。
!花を置く。
!花を置く。

Theme designed by Dining tables
Coder Mothers Day | EZwpthemes |modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional