プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ch_microbit

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ch_microbit [2018/10/19 01:49]
klab
ch_microbit [2018/10/19 01:52] (現在)
klab
ライン 79: ライン 79:
 システム!"​microbit"​使う。 システム!"​microbit"​使う。
 最初に実行=「 最初に実行=「
- ディスプレイ!"​start"​表示。+ ディスプレイ!321表示。
 」。 」。
 繰り返し実行=「 繰り返し実行=「
ライン 87: ライン 87:
 </​code>​ </​code>​
  
 +上記のプログラムでは、最初に一度だけ実行する「最初に実行」のブロックの中に数字の「321」を表示する命令を書いている。何度も繰り返す「繰り返し実行」のブロックの中には、文字の「end」を左から右にスクロールする命令を書いている。文字は「"​ "​」で囲む必要がある。
  
 **ディスプレイオブジェクトの命令一覧** **ディスプレイオブジェクトの命令一覧**
ch_microbit.txt · 最終更新: 2018/10/19 01:52 by klab