プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ch_protch

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ch_protch [2018/10/13 21:09]
klab
ch_protch [2018/10/13 21:10] (現在)
klab
ライン 231: ライン 231:
 </​code>​ </​code>​
  
- また、ブザーを用いてメロディの演奏が可能である。((現在、「音符」「オクターブ」の対応を進めている))ここで + また、ブザーを用いてメロディの演奏が可能である。((現在、「音符」「オクターブ」の対応を進めている))ここでは、譜面に相当するメロディオブジェクトに旋律を書き込み、それを演奏する。次のプログラムでは、「きらきらぼし」という名前のメロディオブジェクトを生成し、「"​..."​」の形で旋律を追加してから、ブザーに演奏させている。
-は、譜面に相当するメロディオブジェクトに旋律を書き込み、そ +
-れを演奏する。次のプログラムでは、「きらきらぼし」という名 +
-前のメロディオブジェクトを生成し、「"​..."​」の形で旋律を追加し +
-てから、ブザーに演奏させている。+
  
 **メロディの命令一覧** **メロディの命令一覧**
ch_protch.txt · 最終更新: 2018/10/13 21:10 by klab