プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ch_protchrm

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ch_protchrm [2018/10/21 19:23]
klab
ch_protchrm [2018/10/21 19:24] (現在)
klab
ライン 351: ライン 351:
  
 ## 文字のやりとり ## 文字のやりとり
- プロッチを2台使うことで文字を送ることができる。文字の送受信はシリアルオブジェクトの**出力**で文字を送信し、**読む**で送信された文字を取得できる。プロッチ2台を繋ぐためには、ジャンパワイヤーなどの通信コードを使う。+ プロッチを2台使うことで文字を送ることができる。文字の送受信はシリアルオブジェクトの**出力**で文字を送信し、**読む**で送信された文字を取得できる。プロッチ2台を繋ぐためには、ジャンパワイヤーなどの通信コードを使う。パソコンとの接続は下図のように行う。
 {{:​pasted:​protch_chat_pc.jpg}} {{:​pasted:​protch_chat_pc.jpg}}
  
 + ジャンパーワイヤーの配線については、下図のようにすればよい。
 {{:​pasted:​protch_chat.png}} {{:​pasted:​protch_chat.png}}
  
ch_protchrm.txt · 最終更新: 2018/10/21 19:24 by klab