プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ch_qa_sample_prg

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ch_qa_sample_prg [2020/02/21 14:48]
klab [Q14:双方向通信(サーバーオブジェクト)による通信ができない場合の対処法]
ch_qa_sample_prg [2020/02/21 14:59]
klab [Q14:双方向通信(サーバーオブジェクト)による通信ができない場合の対処法]
ライン 324: ライン 324:
 ファイアーウォールの設定時,2020ポートの通信許可は利用するネットーワークのセグメントのみに限定いただいてOKです. ファイアーウォールの設定時,2020ポートの通信許可は利用するネットーワークのセグメントのみに限定いただいてOKです.
  
-**■ファイアーウォールの設定は変更せず,ドリトル側で通信可能なポートを指定する.**+**■ファイアーウォールの設定は変更せず,ドリトル側で通信可能なポートを指定する.**\\
 下記の手順を実施してからプログラミングをすることで,ドリトルがサーバー機能で通信をする際の通信ポートを設定することができます.\\ 下記の手順を実施してからプログラミングをすることで,ドリトルがサーバー機能で通信をする際の通信ポートを設定することができます.\\
 この手順は,ドリトルを起動した直後に一回だけ実行すればOKです. ​ この手順は,ドリトルを起動した直後に一回だけ実行すればOKです. ​
ch_qa_sample_prg.txt · 最終更新: 2020/02/21 14:59 by klab