プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ref_file33

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ref_file33 [2020/01/05 20:31]
klab [テキストファイル]
ref_file33 [2020/01/05 20:33] (現在)
klab [テキストファイル]
ライン 39: ライン 39:
   * ファイルに文字列を読み書きするためのオブジェクトです。   * ファイルに文字列を読み書きするためのオブジェクトです。
   * ファイルに書くときは、1行ずつ文字列を追加できます。配列を書き込む場合は、ファイルの内容が配列の内容で置き換わります。   * ファイルに書くときは、1行ずつ文字列を追加できます。配列を書き込む場合は、ファイルの内容が配列の内容で置き換わります。
-  * ファイルから読むときは、全体を配列に読み込みます。デフォルトの文字コードはOSごとに異なります(WindowsはShift-JIS、MacとLinuxはUTF-8)。+  * ファイルから読むときは、全体を配列に読み込みます。デフォルトの文字コードはOSごとに異なります(WindowsはShift-JIS、MacとLinuxはUTF-8)。ファイルが存在しない場合は空の配列が返ります
   * ファイルの文字コードがデフォルトのものでない場合、「読む」では第2引数に文字コードを指定し、文字コードを変更できます。   * ファイルの文字コードがデフォルトのものでない場合、「読む」では第2引数に文字コードを指定し、文字コードを変更できます。
   * オンライン版では利用できません。   * オンライン版では利用できません。
ref_file33.txt · 最終更新: 2020/01/05 20:33 by klab