プログラミング言語「ドリトル」

大阪電気通信大学 兼宗研究室

ユーザ用ツール

サイト用ツール


download

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
download [2018/01/07 10:50]
kanemune [ドリトルのダウンロード]
download [2019/03/19 17:54] (現在)
klab [V3.23(開発版 2019/3/19)]
ライン 2: ライン 2:
   * 本体パッケージを使うことでドリトルの基本機能を利用できます。   * 本体パッケージを使うことでドリトルの基本機能を利用できます。
   * 拡張パッケージを追加することで周辺装置を利用できます。   * 拡張パッケージを追加することで周辺装置を利用できます。
-  * Windows用とMac用はJavaが含まれています。**ファイルサイズが100MB以上あります**ので、教室でインストールする場合は、__ダウンロードしておいたファイルを配布する__ことで端末ごとのダウンロードを避けることができます。+  * Windows用とMac用はJavaが含まれています。**ファイルサイズが70〜110MB程度あります**ので、教室でインストールする場合は、__ダウンロードしておいたファイルを配布する__ことで端末ごとのダウンロードを避けることができます。 
 +  * ダウンロードの際、次のような警告画面が出ることがあります。その場合、続けて「ダウンロード」ボタンをクリックするとダウンロードすることができます。{{:​googledrive_warning.png?​nolink&​350}}
  
 ## 本体パッケージ ## 本体パッケージ
ライン 9: ライン 10:
   * 標準機能に対応していますが音楽演奏には対応していません。   * 標準機能に対応していますが音楽演奏には対応していません。
   * 編集と実行が別ウィンドウ(dolittle.bat)またはタブ切り替え(dolittle\_tab.bat)で起動してください。   * 編集と実行が別ウィンドウ(dolittle.bat)またはタブ切り替え(dolittle\_tab.bat)で起動してください。
-    * [Windows用(約130MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/dolittle32win.zip)+    * [Windows用(約130MB)](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1gZFxyqjZw_uMB6-ioKarghenfl8GJcai)
       * Windows7(32bit/​64bit)、Windows8.1(64bit)、Windows10(64bit)で動作を確認しています。       * Windows7(32bit/​64bit)、Windows8.1(64bit)、Windows10(64bit)で動作を確認しています。
-    * [Mac用(約130MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/Dolittle320.dmg)+    * [Mac用(約130MB)](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1lkpG8mq_QmgNF9VRYzhZ4fmfvhgyND2-)
       * Mac(10.12 Sierra)で動作を確認しています。       * Mac(10.12 Sierra)で動作を確認しています。
       * dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーしてください。「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。       * dmgに含まれる「Dolittle」を「アプリケーション」にコピーしてください。「アプリケーション」の「Dolittle」をDock(起動メニュー)に登録しておくと便利です。
       * 初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「書類」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。       * 初めてドリトルを起動したときに、ユーザーごとの「書類」フォルダの下に「Dolittle」というフォルダが作られます。
       * Studuinoなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次のコマンドを実行しておいてください。「sudo mkdir /​var/​lock」「sudo chmod 777 /​var/​lock」       * Studuinoなどの外部機器を制御する場合は、事前に管理者権限で次のコマンドを実行しておいてください。「sudo mkdir /​var/​lock」「sudo chmod 777 /​var/​lock」
-    * [Linux用(約8MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/dolittle32_linux.zip)+    * [Linux用(約8MB)](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1H6lItVv2HRhqhe3n_51SAQuAH7gkz9N5)
       * Ubuntuで動作を確認しています。       * Ubuntuで動作を確認しています。
       * 「dolittle.sh」で起動してください。       * 「dolittle.sh」で起動してください。
-    * [ラズベリーパイ用(約7MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/dolittle32rp.deb)+    * [ラズベリーパイ用(約7MB)](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1f5ZOqkdHlr5rkwXsu4pK8lSdKWwtDTrI)
       * Raspbian Jessie(Raspberry Pi2 および3)で動作を確認しています。       * Raspbian Jessie(Raspberry Pi2 および3)で動作を確認しています。
       * 「sudo dpkg -i dolittle32rp.deb」でインストールするとメニューにドリトルが表示されます。       * 「sudo dpkg -i dolittle32rp.deb」でインストールするとメニューにドリトルが表示されます。
   * 以下は音楽演奏が必要な場合にのみ使用してください。Java6を使用しており、標準機能の一部が使えないことがあります。タブ切り替え(dolittle\_tab.bat)で起動してください。   * 以下は音楽演奏が必要な場合にのみ使用してください。Java6を使用しており、標準機能の一部が使えないことがあります。タブ切り替え(dolittle\_tab.bat)で起動してください。
-    * [Windows用(約104MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/dolittle32win-jre6.zip)+    * [Windows用(約104MB)](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1NkNn1TBQMViS6dXhielt0Mj98242E72c)
  
-### V3.22(開発版 ​2018/1/2+### V3.23(開発版 ​2019/3/19
   * 開発中の機能が含まれたテスト版です。正式版(V3.2)から「[[ch_stat|統計機能]]」が追加されています。   * 開発中の機能が含まれたテスト版です。正式版(V3.2)から「[[ch_stat|統計機能]]」が追加されています。
-    ​* [Windows用(約130MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/dolittle322win.zip+  * 図形を動かす処理について実行速度改善(高速化)対応を行いました。 
-    * [Mac用(約130MB)](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/Dolittle322.dmg)+  * 外部機器制御の機能を本体より分離しました。今後は[[#​追加パッケージ]]として提供いたします。 
 +  * その他、変更の詳細は[[#​履歴]]をご確認ください。 
 +    ​* [Windows用(64bit)(約117MB)](https://drive.google.com/uc?​id=11svT9v9BnCWp8pBiLLMKb1eUFRjohAON) 
 +      * 64bit版Windowsで利用する場合はこちらをご利用ください 
 +        * Windows7(64bit)、Windows10(64bit)で動作を確認しています。 
 +    * [Windows用(32bit)(約68MB)](https:​//drive.google.com/​uc?​id=121Z67FslkntYHeXdcG1SoSY0bDovyDHG) 
 +      * 32bit版Windowsで利用する場合はこちらをご利用ください 
 +        * Windows7(32bit)で動作を確認しています。 
 +    * [Mac用(約69MB)](https://drive.google.com/uc?​id=12Ev1o5y9dGFogZROhsvK9eiV4Dwe6OY4) 
 +      * Mac(macOS 10.14 Mojave)で動作を確認しています。 
 +    * [Linux用(約8MB)](https:​//drive.google.com/​uc?​id=124UIg2eGUL2uq3AvCmzYFuodWnOCsEIf) 
 +      * Ubuntuで動作を確認しています。 
 +    * [ラズベリーパイ用(約7MB)](https://​drive.google.com/​uc?​id=12GxWvUvyhWeSqAJfWWTUfnerMfgYFMVC) 
 +      * Raspbian Jessie(Raspberry Pi2 および3)で動作を確認しています。
  
 ## 追加パッケージ ## 追加パッケージ
-  ​* 機能の詳細はパッケージ内の「readme.txt」をご覧ください。 + 
-  * MYUロボ制御ライブラリ(V1.0 Windows) +* 機能の詳細はダウンロード後、パッケージ内の「readme.txt」をご覧ください。 
-    * スタジオ ミュウ社製コンピュ(MYUROBO-1A、MYUUSB-1A)に対応しています。 +  ​* **ロボット制御ライブラリ**(V1.0 Windows)<​color #ed1c24> <​2019/​03/​19 更新></​color>​ 
-      * [MYUロボ制御ライブラリ](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/extensionLibrary/​myu_ver100.zip+    * 下記のロボットの制御を実現するためのライブラリです。 
-  * ESPr制御ライブラリ(V0.1 Windows)+      * 株式会社アーテック:Studuino、Studuino Mini 
 +      * 山崎教育システム株式会社/​株式会社モノ・グラム:オリジナルプロッチ 
 +    * ご利用の際は、Dolittle V3.23以降を使用してください 
 +    * [ロボット制御ライブラリ](https://​drive.google.com/​uc?​id=14leOf9osnLUQKz7nJa6u-MzS9AEwgUbU)(マニュアルは[[ch_protch|こちら]]から) 
 + 
 + 
 +  * **micro:​bit制御ライブラリ**(V1.0 Windows)<​color #ed1c24> <​2019/​03/​19 更新></​color>​ 
 +    * BBC micro:​bitを制御するためのライブラリです。 
 +    * ご利用の際は、Dolittle V3.23以降を使用してください 
 +    * [micro:​bit制御ライブラリ](https://​drive.google.com/​uc?​id=1jgfgVBiHXdKe5Srt8yOlzSjBNJHnMRop)(マニュアルは[[ch_microbit|こちら]]から) 
 + 
 + 
 + 
 +  * **MYUロボ制御ライブラリ**(V1.0 Windows) 
 +    * スタジオ ミュウ:マイコン(MYUROBO-1A、MYUUSB-1A)に対応しています。 
 +      * [MYUロボ制御ライブラリ](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1VAkuGNRpdFeJaiuJxuO8-uw7ykZtWVpO) 
 + 
 + 
 +  ​* **ESPr制御ライブラリ**(V0.1 Windows)
     * ESPr Developerに対応しています。本ライブラリはα版です。十分な動作検証は行われていません。     * ESPr Developerに対応しています。本ライブラリはα版です。十分な動作検証は行われていません。
-      * [ESPr制御ライブラリ](http://jsdolittle.eplang.jp/dist/extensionLibrary/​esprlib_ver001.zip)+      * [ESPr制御ライブラリ](https://drive.google.com/a/oecu.jp/​uc?​id=1EIHIkIc3TSBXD8WgIZPshEAnWe5gDUqj)
  
 ## 履歴 ## 履歴
 +### V3.23
 +  * 図形を動かす処理について実行速度改善(高速化)対応を行いました。
 +  * WindowsのDPI変更に対応しました。(64bit版のみ)
 +  * windows64bit版向けについて、JAVAのランタイムをOpneJDK11に変更しました。
 +  * 外部機器制御機能を本体から分離しました。(同一機能は[[#​追加パッケージ]]として提供します)
 +
 ### V3.22 ### V3.22
   * 統計機能を追加しました。   * 統計機能を追加しました。
download.1515289804.txt.gz · 最終更新: 2018/01/07 10:50 by kanemune